顔を洗っている女性

トレチノインとハイドロキノンは二つを併用することで、シミやシワ・ニキビ・毛穴の開き・アンチエイジングなどの効果を期待することができます。トレチノインは現在あるシミを排出しながら消して行く効果がありますが、ハイドロキノンは新しくシミを作らせない効果があります。この二つの組み合わせはシミ治療をするにあたって、特に合理的な組み合わせになっています。化粧品ではなく医薬品に分類される製品なので、効果が高く数週間継続使用することでシミへの変化が感じ取れます。トレチノインはビタミンA誘導体で、その効果はビタミンAの80?100倍もあるとされています。

トレチノインにはピーリング作用があり、古くいらなくなった角質を剥がしツルツルにします。シミを排出させながら消して行く効果があり、毛穴の皮脂分泌も抑えるためニキビができにくくなります。毛穴の開きや黒ずみまで改善し、真皮にあるコラーゲンを増やす働きがあります。肌にハリを出したり小じわの改善・肌を若々しく保つなどの、アンチエイジング効果も期待できます。表皮ではヒアルロン酸など粘液性物質を増やすことで、肌のみずみずしさをアップさせたり保ちます。

ハイドロキノンはメラニン細胞の代謝抑制を行なって、皮膚の脱色素を行うため紫外線を浴びてメラニン色素が作られたとしても、すぐに排出される流れが出来上がります。トレチノインが現在あるシミを排出して、ハイドロキノンが新しいシミを作らなくさせるためシミのない肌に導きます。シミへの効果が期待できる成分としてアルブチンやコウジ酸などがありますが、ハイドロキノンはそれらの100倍もあるとされています。市販で扱われて入るハイドロキノン入り化粧品は、濃度が低いにもかかわらず高価なことが特徴です。トレチノインとハイドロキノンを併用することで、肌が乾燥しやすい傾向があります。

ビタミンC誘導体の化粧品を使うことで、これらの症状を改善しながらシミ予防をすることができます。成分濃度が色々ありますが、使い始めは配合量が少ないものから試して行く方が効果がわかりやすいです。現在あるシミを薄くした上で、今後もシミを作らなければ透明感のある透き通った肌を実現させることができます。トレチノインとハイドロキノンを使えばシミだけではなく、肝斑も消えたり薄くなります。それと同時に肌質も改善され、毛穴が締まったり、目立たなくなりますが、これはトレチノインの効果になります。